引越し 長距離

長距離の引越しにはどんな方法があるか考えてみました。

長距離 引越し 相場

長距離 引越し 価格

長距離 引越し 比較

長距離 引越し 料金

長距離 引越し 安い

 

長距離引越しは近距離の引越しに比べて、お金がかかります。

 

距離が伸びるだけでガソリン代や高速代などの交通費が増えますし、トラックを運転するスタッフも交代要員が必要となって人件費もアップするからです。

 

そんな長距離引越しであっても少しでも引越し費用を安くしたいと思うのは当然です。
それには複数の引越し業者から見積りを取って、比較検討する必要があります。

 

1社から見積もりを取ってみても、それが相場よりも安いのか高いのか判断出来ませんね。
面倒な引越し業者の見積もりは、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

何度も氏名や住所、荷物の量なの同じ内容を入力する手間がありません。
あなた自身の長距離引越しの相場や最安値を見つけることができます。

 

利用料は無料ですから、賢くご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期はどこの引越し業者も大忙しで、引越しの準備が贈れると引越し業者が見つからないという事態もあり得る時期です。

 

昨今の物流の変化で大型トラックの運転手不足が大問題となっているため、下手をすると見積もりすらしてもらえない時期です。
繁忙期に引越しする方は、早く物件を探して見積もりを取って、契約まで済ませておきましょう。

 

繁忙期は3月なのですが、この時期に引越しが集中するには訳があります。

 

4月の新学期を前に新大学生や新社会人が寮に入ったりひとり暮らしをする、春の人事異動で転勤となったサラリーマンが引越しをするなどとにかく新学期を前に移動する人が多いのです。

 

ですから、この時期の引越し費用は他の時期よりも高いです。
引越し業者はスタッフを増員したり、残業したりするため、人件費がアップするからです。

 

もし繁忙期の引越しを避けられるのであれば、避けてくださいね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの手順はいろいろあるので、おおまかな手順を先に確認しておいてくださいね。

 

1.新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。2.荷物を梱包し、不用品は処分する。
3.市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
4.電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
5.郵便局へ転送の手続き
6.引越し当日
7.市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
8.荷解き
9.免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わりますので、まず新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
不用品はどんどん処分して、できるだけ荷物を減らして、普段あまり使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。
引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなど、非常に手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具た家電の配置を指示してください。あらかじめ決めて紙に書いてスタッフに渡しておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

引越しの見積もりについて

引越しが県外だったり、遠方だと費用がかかって大変です。
引越し費用は、人件費とトラック代、それに移動距離に大きく左右されます。

 

中でも移動距離はガソリン代、高速代なども含まれるので、引越費用の部分で大きな割合をしめます。
そんな長距離の引越し費用を少しでも安くしたいなら、複数の業者からの見積りが不可欠です。

 

 

競争がなければ、引越し費用が安くなるチャンスはありません。
そこでオススメなのが、Webでの見積もりです。

 

 

 

引越しの一括見積もりは
1度の入力で複数の引越し業者からの見積りが取れる便利なサイトです。

 

自分で引越し業者を調べて電話をかけ、立ち会い見積りをしてもらうのは骨が折れる作業です。
それにせっかく連絡しても、地域密着の小さな引越し業者は長距離に対応していないところもあります。

 

現住所と引越し先の住所を入力すれば、対応できる業者がそれにかかる引越し料金の見積りをしてくれます。
とても簡単なので、忙しくて立ち会い見積もりが難しい方にもおすすめです。

 

 

その時に荷物の量を記入するのですが、トラブルを防ぐためにも少なく書きすぎないよう正直に記入しましょう。
見積りが出揃ってから1番安い所にお願いしてもいいですし、
ダンボールやガムテープ、養生などのサービスが行き届いた所にお願いしてもいいのです。

 

大手の引越し業者から小さな引越し業者まで、様々な業者からの見積りが可能な、Web見積り。おすすめです!!

 

 

 

 

車さえあれば自分と友人知人だけで引越しできる場合もあります。
一人暮らしで荷物が少なく、引越し先が近くの場合です。長距離だとちょっと難しいかもしれません。
軽トラックのレンタカーを借りて、自力で引越しする人も少なくありません。

 

レンタカー引越しは、レンタカー代と友人知人への謝礼だけで引越しできるので激安引越しとも言えます。しかも、引越し業者の都合に合わせなくても好きな時に引越しが出来るのも便利です。どうしても仕事の都合で、早朝や深夜にしか引越しが出来ない人には便利な方法です。
仲間と一緒にする引越し作業はなかなか楽しいものですね。

 

しかし、レンタカー引越しにも注意点があります。
友人知人なのでうっかり話し込んでしまって作業が進まなかったり、明らかにさぼっている人が出てきても文句が言えなかったり。
うっかり家財を破損されても、善意の奉仕なので文句が言えません。
それに、手伝わせて全くお礼も無しというわけにいきませんので、謝礼やお弁当、お菓子代などが意外とかかるのです。
これらの事も考慮しつつ、レンタカー引越しにするか引越し業者にお願いするか決めましょう。

 

1度の入力で、あなたの引越しに対応できる複数の引越し業者からの見積もりが簡単に取れます。相場もわかりますし、最安値もわかるので大変便利です。

 

自力でするか宅配便にお願いするか、引っ越し業者にお願いするかは、見積もりを見てから決めても遅くはありません。

 

時間がかかってもいいなら、混載便を扱っている引越し業者を探すのもいいかもしれません。
見積もりの際に、「混載便はありますか?」と記載しておきましょう。